「日本サイト売買協会」は、健全・公正なサイト売買取引と、サイト売買業界の発展を目的とするために設立された日本初のサイト売買業界団体です

 

  事業として「サイト売買」「サイトM&A」が行われるようになったのが、2年程前のことです。今日では『サイト売買』で検索するとたくさんのサイト売買サイトが出てくるようになりました。

 近年、ウェブサイトが事業価値・資産価値としても認知されるようになりました。また、急速に変化する社会環境・経営環境に迅速に対応していくために有効な選択肢の一つとしても注目されるようになったことで、メディアでサイト売買がとりあげられる機会も増え、「サイト売買」「サイトM&A」が徐々に一般にも認知されるようになってきたと感じます。

 サイト売買は新しいビジネスであるため、先例に倣うことも出来ず、私たちは独自のビジネスモデルや取引方法を、サイト売買業界の黎明期ともいえる時期に試行錯誤しながら創りあげてきました。
不動産業界・M&A業界・証券業界・人材ビジネス業界等を参考に、ようやくサイト売買・サイトM&Aというビジネスの基盤が形成されつつあります。

 一見参入障壁が低く映る業態ということもあり、市場の拡大とともにサイト売買業者も増加していますが、サイト売買は“単に売りサイト情報を集め買い手とマッチングする”というようなビジネスではなく、仲介業者には高い専門性とスキルが求められます。
 -サイト売買市場は、今後更に発展していくマーケットである-と確信致しておりますが、それには、市場の透明性の確保が欠かせません。
 発展途上の市場には課題がつきものです。実際、急速に成長しつつある当該市場においてもいくつかの問題点が顕在化してきており、取引環境の整備が急務であると感じています。
 走り出したばかりの当該市場が、その問題点が足かせとなり成長の歩みを止めることがないよう、当該市場における取引環境の整備と育成に資する目的で、この度本協会を設立いたしました。

 第一線で活動するサイト売買仲介会社や、サイト売買市場に関与する各専門家(アドバイザリーボード)や賛同者の皆様ととともに、この日本サイト売買協会を通じて、サイト売買・サイトM&A市場を成長させていきたいと願っております。
『サイト売買』『サイトM&A』はまさに今、始まったばかりのビジネスです。

たくさんの方々のご支援、ご協力を賜りながら、サイト売買業界の社会的信頼を維持し、健全に発展させていくことを使命に活動して参りたいと思っております。

                                          2007年 11月